2022年4月以降、「一般不妊治療(タイミング法・人工授精)」を保険適用にてお考えの方は

婚姻関係にある、または事実婚(出生した子について認知を行う意向がある)であることが条件であり、治療計画書を作成する診察日にお二人での来院が必要となります。

【ご準備いただくもの】

婚姻関係もしくは事実婚を証明するもの:戸籍謄本または住民票

【予約方法】

アプリ予約 ➡ 婦人科外来(不妊外来)➡ 次へ

 

不妊治療の保険適用の概要については下記の「厚生労働省ホームページ」をご参照ください。

不妊治療に関する取組 |厚生労働省 (mhlw.go.jp)

保険治療は標準的治療になりますので、今まで当院で行っていた治療がすべて保険適用になるわけではありません。

保険診療という枠のなかで、最善の治療をご提供いたします。