さい帯血バンク

さい帯血(臍帯血)について

さい帯血とは
胎盤とへその緒(さい帯)の中に含まれる血液のことです。
なぜさい帯血が必要なのか
さい帯血の中には、赤血球、白血球、血小板などをつくりだす細胞(造血幹細胞)がたくさん含まれています。そのため、骨髄と同じように移植に用いることにより、治療に役立てることができます。
さい帯血は次のような病気の治癒に用いられます。
白血病や遺伝病など、造血幹細胞移植により、治療可能な病気の治療に用いられています。また最近では、民間バンクに保管された自己さい帯血を用いての脳障害をはじめさまざまな病気に対する治療や研究がすすめられています。

さい帯血バンクとは

「さい帯血バンク」とは、さい帯血を白血病などの血液の難病や重い遺伝病などの病気の治療に役立てるためのお手伝いをする組織です。さい帯血の採取・検査・分離保存・医療機関への供給、さらに保存さい帯血のデータの管理など、医療行為を除く作業行います。

公的バンクと民間バンクの違いは?

公的バンク

わが国では日本さい帯血バンクネットワークに加盟する10ヶ所のバンクが善意で提供していただいたさい帯血を保存しています。献血と同様に、金銭的な自己負担はなく、さい帯血移植が必要な患者さんに使用されることを目的としています。提供したからといって、優先的に使用

民間バンク

生まれてくる子どものために自己負担でさい帯血を保存します。兄弟姉妹や家族のために使うことができる場合があります。
当院ではステムセル研究所と提携しています。

さい帯血バンクにご協力していただける場合は

入院前に諸手続きがありますので、妊婦健診時にスタッフへお申し出下さい。