Staff Journal

2020.05.01 / 健康づくり相談室

#118 連休中に姿勢をリセットしましょう!

こんにちは、運動スタッフの溝田です。

 

GWに入った方も多いのではないでしょうか。

当院は、5/3(日)~5/6(水)休診日です🏥

 

1日でも早く楽しく安全に出かけられる日が来るように、

この連休は自宅で過ごしましょう((+_+))

 

過去の記事に「おうち時間に運動を!ストレッチ①~⑦」を紹介しています!!

ストレッチをおこない、姿勢をリセットしませんか?

 

上半身のストレッチは、姿勢改善につながります。

日常生活のクセで窮屈になっている場所をのばして、広げてあげましょう。

ちなみに・・・

耳からくるぶしまでが一直線に並ぶ姿勢が理想的と言われています。

きれいな姿勢を維持することで、

日々の疲れが溜まりにくい身体になりますよ💪

 

 

今後も「おうち時間に運動を!」と題しまして

からだほぐしのストレッチ&からだづくりの筋力トレーニング

ご紹介しますので、要チェックです☝

 

お楽しみに・・・✨

 

2020.04.30 / 健康づくり相談室

#117 おうち時間に運動を!ストレッチ⑦

こんにちは、運動スタッフの溝田です。

 

今回は、「腕、手首周囲」を伸ばすストレッチです👏

 

指先は日常動作でよく使っています。

物を持つ・掴む、文字を書く、スマートフォンを触る・・等

例をあげるときりがないですね( ;∀;)

指先の動きは、手首から腕にかけてつながっています。

繊細な動きを行うとともに疲労している腕をほぐしましょう。

 

それでは、一緒におこないましょう💪

 

① 椅子もしくは床にあぐらをかいて(長座でも可)座る

② 片手の甲を下にして、胸の前の出す

③ 反対の手で指先を持ち、ゆっくりと手前に引く

point💡

1本ずつ順番に指を持って手前に引くと、より効果的です!

 

手先のむくみ予防・改善にもオススメです(^^♪

 

ストレッチ①から⑦まで、座位で行う上半身のストレッチを紹介してきました!

全種類、挑戦していただけたでしょうか?

 

運動習慣は、少しずつ身についていくものです。

今後も継続して、からだほぐしのストレッチをしていきましょう(*^^*)

 

次回からは、下半身編です👣

 

 

2020.04.28 / 健康づくり相談室

#116 おうち時間に運動を!ストレッチ⑥

こんにちは、運動スタッフの溝田です。

 

今回は、ストレッチ⑤に引き続き「肩、腕」を伸ばすストレッチです👏

 

それでは、一緒におこないましょう💪

 

① 椅子もしくは床にあぐらをかいて(長座でも可)座る

② 右腕を上にあげて、肘を曲げる

③ 左手で右肘を持ち、20秒程度、左下へ引く

 

point💡 肘を持ちにくい場合は、手首を持ちましょう!

 

 

力が入っていると呼吸が止まっていることもあるため、

吐くことを意識しましょう♪

 

次回は、座位でおこなう上半身のストレッチ ラスト です!

ストレッチ①から復習して試してくださいね(´▽`)🌼

 

 

 

2020.04.25 / 健康づくり相談室

#114 おうち時間に運動を!ストレッチ⑤

こんにちは、運動スタッフの溝田です。

 

今回は「肩、腕」を伸ばすストレッチです👏

冷え性でお悩みの方にオススメですよ~(^^)

肩、腕を伸ばすと、血流が促進され手先の冷えが解消されます!

 

それでは、一緒におこないましょう💪

 

① 椅子もしくは床にあぐらをかいて(長座でも可)座る

② 右腕を胸の前に伸ばし、左腕で肘をかかえる

③ 左腕を手前に引き、右腕を胸の前へ近づける

point💡 無理は禁物!痛気持ちいいところまで伸ばしましょう!

③ 左右の腕を入れ替え、反対も同様に行う

 

 

 

ちょっとしたスキマ時間にどうぞ行ってくださいね♪

ストレッチ②と同様に、肩こり解消の効果も期待できますよ!!

 

 

少しでも肩がかるくなりますように・・・💛

 

 

2020.04.23 / 健康づくり相談室

#111 おうち時間に運動を!ストレッチ④

こんにちは、運動スタッフの溝田です。

 

今回は、「胸周り」を伸ばすストレッチです👏

妊娠するとお腹を包むように丸くなる姿勢(=猫背)が楽に感じる事があります。

窮屈な姿勢が続くと、浅い呼吸になり息が上がりやすくなってしまいます💦

胸がひろがると、新鮮な酸素をたっぷり体に送ることができますよ!

 

それでは、一緒におこないましょう💪

 

① 椅子もしくは床にあぐらをかいて(長座でも可)座る

② 後ろで両手を組み、姿勢を整える

③ 息を吸って、両肘を曲げる

④ 吐く息とともに、両肘を伸ばす

 

point💡

余裕のある方は、目線を斜め上に向けましょう

⑤ 息を吸って、腕を楽な位置まで戻す

 

 

呼吸を整えながら、繰り返しおこないましょう(*^^*)

呼吸が深く楽にできますように・・・♡

 

 

 

2020.04.22 / 健康づくり相談室

#110 おうち時間に運動を!ストレッチ③

こんにちは、運動スタッフの溝田です。

 

今回は、前回に引き続き「背中、肩甲骨周囲」を伸ばすストレッチです👏

#108 ストレッチ②のレベルUPバージョンをご紹介します!

より気持ちよくほぐすには、ストレッチ②から続けて行うことをオススメします(^^♪

 

 

それでは、一緒におこないましょう💪

 

① 胸の前で両手を組み、息を吸って姿勢を整える

② 息を細く長く吐きながら、両手を斜め下へのばす

 

③ 両手を斜め下へのばしたまま、右へ傾ける

④ 同じように、左へ傾ける

⑤ 組んだ状態の手で8の字を描くように③④の動きを連動させる

 

point💡

腕の力を抜き、肩を下げるイメージをしましょう!

 

動きを加えることで、背中がぽかぽかになりますよ~🌞

呼吸は楽に継続しながらおこなってくださいね♪

 

からだこころも温まりますように・・・💛

 

 

2020.04.18 / 健康づくり相談室

#108 おうち時間に運動を!ストレッチ②

こんにちは、運動スタッフの溝田です。

 

今回は「背中、肩甲骨周囲」を伸ばすストレッチです👏

肩甲骨周囲をほぐすことは・・・

ズバリ肩こり解消に効果的です!

 

それでは、一緒におこないましょう💪

 

① 椅子もしくは床にあぐらをかいて(長座でも可)座る

② 胸の前で両手を組み、息を3秒かけて吸って姿勢を整える

③ 息を細く長く吐きながら、両手を斜め下へのばす

point💡 この時、お腹を覗き込みましょう!

④ 息を楽に吸いながら、元の姿勢に戻す

⑤ 吐く息とともに腕の力を抜く

 

肩こりは重症化すると、頭痛や手先のしびれの原因にもなります💦

ぜひこの機会に、肩甲骨周囲のストレッチを習慣づけましょう!

 

少しでも肩がかるくなりますように・・・💛

 

 

2020.04.16 / 健康づくり相談室

#107 おうち時間に運動を!ストレッチ①

こんにちは、運動スタッフの溝田です。

#106 でお伝えしました通り、自宅でできる運動を紹介していきます(^^)

 

今回は「肩、背中、体の側面」を伸ばすストレッチです👏

上半身をほぐすことで、背中が丸まった姿勢をリセットすることができます!

深い呼吸を意識することで体の力が自然と抜けて、胸を広げる効果もあります。

それでは、一緒におこないましょう💪

 

① 椅子もしくは床にあぐらをかいて(長座でも可)座る

② 胸の前で両手を組む

③ 長い呼吸を1回おこなう
(楽に鼻からスーッと吸って、口からフゥーと吐き出す)

④ 鼻から吸いながら、腕を頭の上へ伸ばす

⑤ 口から吐きながら、体を片側へ倒す

⑥ 体を倒したまま、鼻から吸う

⑦ 口から吐きながら、元の姿勢へ戻す

⑧ 楽に力を抜いて②の姿勢をつくり、同じ手順で反対側もおこなう

point💡

④や⑥の姿勢時に、肋骨のすきまに空気を送りこむように意識しましょう!

 

パソコンやテレビ、書面に向き合う時間が多い方は、ひと息つけるときに行ってみてください(´▽`)☕

きもちからだがほぐれますように・・・💛

 

 

2020.04.14 / 健康づくり相談室

#106 おうち時間に運動をしよう!

こんにちは(^^)

運動スタッフの溝田です!

2月末から新型コロナウイルス対策で各種教室を休講しており、ご迷惑をおかけしております。

みなさん、いかがお過ごしですか?

 

福岡県でも緊急事態宣言が発令され、生活が一変していますね・・・

当院でも現状として、各種教室の休講をはじめ、健診や出産の付き添い、入院中も面会をお断りさせていただいております。

 

妊娠中や産後の方から

「教室に通って体をケアしようと思っていたのに・・・」

「体力づくり頑張ろうと思っていたのに・・・」

「育児の疲れを癒しに来たかったのに・・・」

「子どもと一緒に運動したかったのに・・・」

とお声をいただき、嬉しくも教室を再開できない状況に悔しいばかりです💦

 

そこで、

これから定期的にStaff Journal で自宅で簡単にできる

からだほぐしのストレッチ&からだづくりの筋力トレーニング

をご紹介していきます(*’▽’)👏!!

 

おうち時間🏡が増えている方が多いと思います。

ぜひ、これからの記事を参考にしてくださいね!(^^)!

おうちで家族みんなと運動の時間をつくっていきましょう♬

 

 

 

 

 

2020.03.06 / 健康づくり相談室

#100 身体を温めるオススメ体操

はじめまして!

体力測定や運動教室担当の健康運動指導士の坂本です(*’▽’)

 

陽の時間も長くなり、少しずつ春の訪れを感じ外出したい気持ちも高まる中、

新型コロナウイルスの影響で国からも、

スポーツや文化イベントを延期・規模縮小等の対応とする要請が出されました。

その為、当院でも全てのクラスを休講としています。

私たちスタッフも動きたくてとても身体がウズウズしています・・・(>_<)

 

一緒に運動できないことは残念ですが、

お産に向けて、また、育児中の身体のケアはしっかりおこないたいところです!!!

 

 

そこで今回は、自宅で道具も使用せず簡単にできる体操

「ごきぶり体操」を紹介します☆

 

 

この名前を聞くと「ゾッ(゚Д゚;)!!!」としてしまいますが、

◇手先、足先の血液循環をよくする

・手先が冷えると肩の血流も悪くなっている為、肩こりの原因になります

・足先が冷えていると、そのまま冷えた血液が子宮に送られて子宮も冷えてしまいます

◇毛細血管の強化

◇浮腫み、静脈瘤の予防

等の効果があります。

 


1.仰向けに寝た姿勢で両手両足を持ち上げます
骨盤から膝、肩から手が90°になるのが理想の姿勢です

2.そのままブラブラと手、足を揺らします
「ジーン」と感じれば血のめぐりが良い証拠です!

3.できれば3分間連続でおこないます
きついと感じる場合は休憩しながらおこなってもOKです
(妊娠中はお腹の張り等に注意しておこなってください)

※食後すぐは避けてください。

この体操は産前・産後でも実践できます!

 

 

季節の変わり目は体調を崩しやすいとも言われているので、

この体操でしっかり身体を温めてくださいねー☆

 

 

1日でも早く皆さんと一緒に運動できることを楽しみにしています(*´▽`*)

2020.03.02 / 健康づくり相談室

#098 「呼吸」でリラックス

こんにちは!

健康づくり相談室の深谷です。

 

最近は、テレビをつけたらコロナウイルスの話題…

イベントもコロナウイルスの影響で中止…

感染拡大を防ぐため、外出も控えるように…

と、どうしても気が滅入ってしまいますね💦

 

 

当院でも、マスク着用での来院や、面会制限などをさせていただいており、皆さんには大変ご迷惑をお掛けしております。

スタッフ一同、早くこの事態が落ち着くことを願うばかりです…。

 

 

 

今回は、皆さんに少しでもリラックスしていただければと思い、「呼吸法」についてお話をします。

 

 

ズバリ!「腹式呼吸」を行うと、不安やストレスを軽減させ、身体をリラックスさせることが出来ます。

「腹式呼吸」は、簡単にいうと下腹部を膨らませたりへこませたりして、呼吸をする方法です。

 

① 全身の力を抜き、おへその下あたりに手をあてて、口から長くゆっくりと息を吐きます。

お腹の中の空気をすべて吐き切るようにイメージしましょう。

 

② 吐き切って下腹部が限界までへこんだら、次は下腹部に空気を入れて膨らませるように鼻から息を吸います。

 

③ 下腹部いっぱいに息を吸い込んだら、①から順に繰り返します。

 

腹式呼吸では、「ゆっくり吐くこと」が大切です。

 

息を吐く時に、不安や悩み、イライラなどのマイナス要因も一緒に吐き出すようにイメージして呼吸すると、さらに効果的です。

気付いた時に、ご自分のペースで行ってくださいね♪

 

 

また、アロマの香りに包まれながら行うと、よりリラックスできるかと思います☆

リラックス効果のあるアロマについては、次回、アロマスタッフの坂本がご紹介いたします(^^)

 

皆さんが「ほっ」とできる時間を少しでもつくれますように。。。

 

 

 

 

2020.02.03 / 健康づくり相談室

#093 正しく歩けていますか?

こんにちは。
健康づくり相談室の深谷です。

いきなりですが!
皆さんは正しく歩けていますか?

 

「歩く」という動作は、私たちが毎日繰り返す重要な動作です。

そんな「歩く」という動作がもし間違っていたら、
必ず体のどこかに負担がかかってしまいます💦

その負担が積み重なると、肩こりや腰痛、膝痛、さらに下腹ポッコリやO脚、X脚の原因へ…(゚д゚)💥

 

身体のトラブルに悩まされている方は、
「正しい歩き方」をマスターすると
症状の改善につながるかもしれません💡

 

また、正しく歩けるようになると、余計な力が抜けて
長時間歩いても疲れづらくなると言われています♪

 

✦正しい歩き方

 

① あごを軽く引き、目線をあげて視野を広くする。

② 背筋を伸ばして胸をはる。
(猫背にならないように注意する)

③ 丹田(おへその指3本下)に力を入れる。
(体幹を安定させる)

④ 肩・腕の力を抜き、足の動きに合わせてリズミカルに腕をふる。
(上半身の腕振りによる推進力で、下半身をスムーズに振り出す)

⑤ かかとから足をつけ、親指で踏み込む。
(かかとの丸みでスムーズに重心を移動させる)

 

 

私も①~⑤を意識してみましたが、
これまでの歩き方のクセが定着してしまっているようで
なかなか難しい…(・_・)💦

 

しかし!運動をする時間をなかなかつくれないという方も、
通勤や買い物中に「正しい歩き方」を意識するだけで、
身体のお悩み改善につながるかもしれませんよ♪

さらに、慣れてきたら後ろ足で地面を蹴る時に、
お尻にキュッと力を入れるとヒップアップにも効果的です♦

 

小さなことからコツコツと♩
ぜひチャレンジしてみてくださいね(^_-)✨

 

 

11ページ中10ページ目