こんにちは。
「マタニティヨーガ」月曜クラス担当の八谷です。

 

そろそろ10月も後半になり、朝晩めっきり寒くなりました。

この時期、いつもは肩こりと無縁の方も肩や背中が張ってきますよね。

 

体が冷えると筋肉は緊張して硬くなり、血行不良を招きます。

すると、疲労物質がたまって肩こりの原因になります。

 

一般的に冷えには、首元、手首、足首を温めた方が良いと言われます。

 

首元には「風門」という風邪の邪気が入るツボがあり、ここを温めると風邪予防になります。

肩甲骨の間をシャワーで温めると良いですね。

 

手首には「間使」という便秘のツボもありますよ。

 

そして、足首には「三陰交」や「復溜」というツボがあります。

ここを温めると子宮を安定させて、流産予防になると言われています。

 

さらに、肩こりと関係する「菱形筋」をゆるめてあげることも大切です。

レッスンでは、ボールを使って深層部の筋肉に働きかけています。

 

他にも、肩周りをほぐすことで、産後におっぱいの出が良くなるという話もあるようです。

 

 

これから寒さが増してくると、家でのんびり過ごしたい気分になるかと思いますが、
「肩こり解消」、そして「安産」を目指して積極的に体を動かしていきましょう。

 

 

教室スケジュールはこちら
https://www.toono.or.jp/support/class-schedule/