こんにちは。

「産後ヨーガ」担当の立山です。

今回は、「ヨーガ」を哲学的な側面からお伝えします。

 

ヨーガとは、「どうしたら悩み苦しみから離れて、安定した心で日々を過ごすことができるか」という問いから生まれた哲学です。(今も昔も人としての悩みは同じですね)

 

そもそも、人間は考える生きものです。放っておいたらすぐ考えはじめます。

頭の中に描くストーリーと現実は実際違っています。

頭の中に展開する物語と、現実に生きる自分は違うのに、それを同化してしまい、考えすぎて本質が見えなくなっていきます。

情報過多な現代社会は、周囲を見すぎて、周囲と比べすぎて、ますます自分自身が混乱してしまう時代です。

私たちは日々の生活の中で常に「比較」を意識せざるを得ない環境にいます。
インターネット、SNSの普及で、「比較」が増大しています。

子育て、仕事、友達づきあい、、、様々な人間関係において「比較」から脱することが難しい時代です。

でも、意識次第で「比較」から片足抜ける、くらいはできるようになります。

 

意識をしておくといいこと

「才能などの優劣、持ち物、地位名誉、人からの評価の良し悪し、人気の有無(SNS)、そういったことすべては、自分の本質的な素晴らしさとは何ら関係がない」

 

ブッダの言葉

「他人の過失を見ることなかれ。

他人のしたこと、しなかったことを見るな。

自分のしたこととしなかったことだけを見よ」

 

ヨーガに取り組む時間は、「本当の自分」に気づいていくプロセスです。

ヨーガでは、考えることをやめて感じる量を増やしていきます。

「考える」と「感じる」は同時にできないからです。

感じることで、頭の中のストーリーが少なくなります。

感じることで、ここにいる今の自分の隅々に気づきます。

気づきをたくさん増やしながら、自分を覆っていた分厚いコートや硬い殻を1枚1枚剥がしていきます。

そして、奥深いところに眠っている本当の自分に気づいていきます。

本当の自分とは「何があっても大丈夫な存在」「他者に振り回されない自分」。

本当の自分に気づくことで、心の安定を取り戻していきます。

 

当院の「産後ヨーガ」も、皆さまの「心の安定」を取り戻せる時間になればと願っております。

 

 

教室スケジュールはこちら↓
https://www.toono.or.jp/support/class-schedule/