こんにちは。
「産後ヨーガ」教室担当の立山です。

今回も #046 に引き続き、産後の骨盤についてお話しします。

 

妊娠、出産は骨盤にとって最大のライフイベントで、骨盤の動きも最大の振り幅となります。

出産直後は、骨盤の左右の寛骨と真ん中の仙骨をつなぎとめる靭帯も、骨盤を縮めたり緩めたりする下腹の筋肉も完全にゆるみきります。

言わば、お腹から完全に力が抜け、骨盤が一度分解されたような状態。

ここから、骨盤は再びゆっくり時間をかけて回復・再調整をしていくわけですが、実はこの時期こそ、出産前に生理痛や頭痛、PMS(月経前症候群)などの不調を抱えていた人にとって、改善や解消の大きなチャンスとなります。

ただ、産後の力が抜けきった時期に無理をして体に負担がかかりすぎると、骨盤の弾力を失って体調が不安定になる可能性もあります。

骨盤の弾力が回復する産後2~3ヶ月を目安に骨盤を整えていくことをお勧めします。

 

 

以下、骨盤の弾力チェック法&弾力回復メソッドです。

 

1.仰向けで両膝を曲げ、左右の足裏を軽く合わせます(仰向けになったカエルのような姿勢)。そのまま腰を持ち上げてみましょう。(手で床を押さないように)重く感じるほど、骨盤の弾力がない状態です。

 

2.重く感じる場合、膝を曲げる角度を調整し、一番楽に感じるところを見つけます。曲げる角度が浅くなっても、左右差が生じても構いません。

 

3.腰を持ち上げ、そのままストンと落とします。数呼吸リラックス。数回繰り返し、軽くなっていればOKです。

 

*出産直後は全く持ち上がらなくなります。持ち上げてみて軽く感じるようになったら、産後回復のサインです。

 

 

体重を落としたい方、体型を変えたい方にも、産後は大変良い時期です。

骨盤の弾力が回復したら、骨盤を整えに産後のクラスにお越しください。

理想の体に生まれ変わるチャンスですよ。

 

教室スケジュールはこちら
https://www.toono.or.jp/support/class-schedule/