こんにちは

管理栄養士の前田です。

 

妊婦さんとサプリメントについて、前回は葉酸のお話をさせていただきました。

今回は「ビタミンA」についてお話します。

ビタミンAは過剰に摂りすぎないよう注意が必要です。

 

👩‍🏫ビタミンAとは?

☑皮膚、粘膜の健康維持

☑目の健康維持

☑感染症予防

 

👩‍🏫注意が必要なのはなぜか?

過剰摂取により赤ちゃんの器官形成異常のリスクが高まることがわかっています。

※ビタミンAには動物性のビタミンA(レチノール)

 植物性のビタミンA(βカロテン)があります。

妊婦さんにとって摂り過ぎに注意が必要なのは動物性のビタミンA(レチノール)です。

 植物性のビタミンA(βカロテン)については、体内で必要な分だけビタミンAに変わるため

摂取量を気にする必要はありません。

 

👩‍🏫多く含まれている食品

豚レバー、鶏レバー、牛レバー、ウナギ、あん肝など

 

👩‍🏫レバーは妊娠中には食べたらダメ?

ダメではありません。

レバーには妊娠中に必要な吸収の良い鉄分や葉酸が豊富に含まれています。

妊娠中は1週間に1度、レバー80gほどなら問題ありません。

重要な鉄源なので量と頻度に注意して摂りましょう。

 

👩‍🏫サプリメントについて

ビタミンAは基本的にはサプリメントから摂る必要はありません。

あくまでも食事からの摂取が基本ですが、サプリメントを摂る際は国産のものを選ぶようにしましょう。

国産のサプリメントのほとんどは赤ちゃんに危険が及ぶ程のレチノールは含まれていません。

その代わりに安全なβカロテンが使われています。

しかし、海外製のサプリメントや健康食品には

①レチノールが使われていることがある

②成分濃度が高すぎる

③日本の食品衛生法で禁止されている成分や医薬品成分が含まれる

といった商品もあるので注意が必要です。