こんにちは!栄養士の田川です。

これから数回にわたり、減塩についてお話しします。

 

私たちは毎日、塩分を摂取して生活していますが、

過剰な塩分は血圧の上昇、動脈硬化を促進させ、

動悸や息切れ、むくみ、頭痛、肩こり、めまいなどの症状も引き起こします。

 

 

 

 

 

 

高血圧は自覚症状がわかりにくいため、注意が必要です。

 

それでは私たちに必要な塩分は何gなのでしょう?

そして私たちは現在1日にどれくらい塩分を取っているのでしょうか?

現在の日本では、

・男性    7.5g 未満
・女性    6.5g 未満

( 日本人の食事摂取基準2020年版より)

と規定されています。

 

ですが現状日本人は1日当たり平均で

・男性    11g↑3.5g
・女性    9.3g↑2.8g

(厚生労働省平成30年「国民健康・栄養調査」より)

の塩分を摂取しているのです!!

 

そこで、1日の塩分量を控えるために、
主食をパンやパスタからお米に変えてみるのはどうでしょうか??

 

 

 

 

 

主食によって塩分摂取量は以下のように変わります。

米     (茶碗1杯150g)   0g
食パン1枚(5枚切り 80g) 0.4g
うどん(150g) 1.8g
パスタ(100g) 0.5g(茹でた時)
そうめん(100g) 1.5g

比べてみるとわかる通り、お米の塩分はゼロです!!

朝ごはんに毎日食パンを食べる場合、お米に置き変えるだけで
1週間だと2.8gの減塩が可能です(^_^)

 

 

 

 

 

 

また、パンには砂糖やバター、マーガリンなどの油脂分も多く含まれます。

カロリーをたくさん摂ってしまうため食べすぎには注意が必要です。

 

減塩は日々の積み重ねが大切。
血圧が気になる方は、今日から実践していきましょう!

 

次回は主菜の減塩方法についてお話します。(^O^)