こんにちは。栄養士の野田です。

今日はウイルスに強い身体を作る食べ物についてお話します。

私達の身体の細胞を作っている主成分はなんでしょう?

答えは たんぱく質。肉や魚、卵や豆などです。

不足すると免疫を支える細胞の働きが弱くなります。さらに皮膚や粘膜もカサカサになり、ウイルスに感染しやすい状態になります。しっかり毎食摂らなければいけませんね。

たんぱく質の中でも 豆、浅利が特におススメです。

この2つには、老化の原因である活性酸素を壊し、免疫力を正常に保つ 亜鉛 が含まれています。

たんぱく質+亜鉛を豊富に含んだのスペシャル食材なんですね。

豆は煮込み料理やサラダに入れたり、アサリはバター焼きや酒蒸し、パスタに入れても美味しいですよ。

まだまだ大変な時期は続きますが、美味しいごはんを食べて元気に過ごしましょう!

 

※たんぱく質を摂る際に注意する事は、肉の脂肪の摂りすぎ。過度に摂取すると免疫を低下させてしまうので、

高たんぱく・低脂肪がおススメです。肉は赤身の部分を選びましょう