節分とは、雑節の1つで「季節を分ける」ことを意味しています。

本来は立春、立秋、立冬の前日の事を言いますが、旧暦では立春が一年の始まりにあたる事から、立春の前日を指すようになりました。

一般的には「福は内、鬼は外」と声を出しながら福豆を撒いて、年齢の数だけ豆を食べ邪気を払い、無病息災を願います。

また恵方巻を食べる習慣も広がっていて、コンビニやデパートでもこの時期はいろいろな恵方巻を目にするようになりました。

当院でも昼食に恵方巻をお出ししました☆

今年の吉方位は「西南西」です。

皆さんは願い事を思い浮かべながら丸かぶりされましたか?(*^^*)

立春も過ぎ、春ももうすぐです。

春を感じる食材もどんどん出てきたので、毎日の食事でも春を感じてくださいね♪