こんにちは!

明日から9月になりますね。夏の疲れ、溜まっていませんか??毎日の食事に旬の秋野菜を取り入れて夏バテを吹き飛ばしましょう!

 

●秋野菜   (根菜類、芋類、きのこ類 など)

夏バテを解消するのに必要なビタミン、胃や腸内環境を整える食物繊維が豊富に含まれています。また、冬に向けて寒さに負けない体を作る為に必要な栄養素も豊富です。

●根菜類  (牛蒡、人参、大根、蓮根、カブ、生姜、ゆり根など)

食物繊維が豊富で、便通や体を温める効果が期待できます。

牛蒡は、善玉菌を増やす食物繊維やオリゴ糖、抗酸化作用のあるポリフェノールが豊富に含まれています。ポリフェノールは皮に多く含まれているので、皮を剥かずにタワシで綺麗に土をこすり落とす程度にしましょう。●芋類 (じゃが芋、さつま芋、山芋、里芋、キク芋など)

じゃが芋は『畑の林檎』と呼ばれるほどビタミンCを多く含んでいます。でんぷん質で守られている為、加熱しても破壊されにくいのが特徴です。

さつま芋に含まれる『ヤラピン』という成分 は、胃や腸内環境を整える作用があります。

 

●きのこ類

食物繊維やビタミンが豊富で低カロリーです。

舞茸は、免疫機能を高めるβ‐グルカンと脂質をエネルギーに変えるビタミンB2が、きのこの中でも特に多く含まれています。

しめじは、疲労回復に効果的なビタミンB群が豊富に含まれています。

旬の食材には、体が必要とする栄養が豊富です。健康維持のため献立作りに秋野菜を取り入れてみて下さいね(^O^)/