バルサミコ酢は、加熱すると酸味が和らぎ、独特の甘みが引き出されます。そこに醤油を加えることで、いつもと違った美味しさが味わえます。

このバルサミコ酢と食物繊維たっぷりの牛蒡を組み合わせてソースにしました。お肉料理やお魚料理などに幅広く使え、オリーブオイルなどと合わせることでサラダのドレッシングとしても活用できます。煮物や金平などで定番の牛蒡を、いつもと違った形で味わってみてください。

<材料>4人分

牛蒡  150g

玉葱  60g

にんにく 少々

オリーブオイル 適量

バルサミコ酢 150㏄

ブイヨン  150㏄(市販のコンソメを水で溶いたもので代用できます)

醤油  50㏄

 

<作り方>

1.牛蒡は土などの汚れを洗い、スライスして一度水にさらして、ざるにあげておく。

2.玉葱とにんにくはみじん切りにして鍋に入れ、オリーブオイルで軽く炒める。そこに牛蒡も入れてしんなりするまで炒める。

3.バルサミコ酢を加え、全体的にとろみがつくまで弱火~中火弱で煮詰める。

4.煮詰まったら、ブイヨンと醤油を加えて2~3分煮る。

5.少し冷めたら、ミキサーにかけて出来上がり。

 

今回はグリルした鶏肉に添えてみました。