2月も後半になり、少しずつ日が長くなってきましたね。

ですが、まだまだ寒い日が続いているので体調管理には気をつけましょう!

 

 

昨年の12月に食品成分表が改定されたことはご存じですか?

その中で「鉄分の王様」とよばれるひじきの鉄分量が、今までの値の9分の1であると改訂されました。

 

その理由が、ひじきの製造の工程で使用される調理器具の違いで、鉄製の釜よりステンレス製の釜が普及したことで、以前よりも鉄分の少ないひじきが流通しているからだそうです。

 

女性にとって鉄分はとても大切な栄養素ですが、妊娠中はさらに多くの鉄分が必要です。

 

鉄分の多い食品を挙げてみると、ひじきの他にも小松菜などの緑の濃い葉物類、豆乳や納豆などがあります。

これらの鉄分は、タンパク質やビタミンCと一緒に摂取することで吸収率がよくなります。

 

当院でも、鉄分の多い食品を献立に取り入れています。

バランスの良い食事を心がけ、必要な鉄分をしっかり摂取していきましょう!(^^)!